2017/11/01  【試合結果】

 伊那Fカップ2017 予選1 vs FCレンディル戦 予選2 vs KFC戦

 2017年10月31日、西箕輪サンビレッジにて行われた伊那フットサルカップ2017 予選第一試合、第二試合の結果を報告します。

 ■第1試合 対戦結果
 en 10-13 FCレンディル
※実得点10-1

 【スターティングメンバー】
 01 米沢 知 
 6 倉田 将 
 16 清水 浩紀
 17 藤澤 明彦(GK)
 39 北爪 潤平

 △途中出場△
 11 小林 祐太
 29 吉江 雄一郎

【得点者】
 〜前半〜 5-1
 16 清水 浩紀
 39 北爪 潤平
 6 倉田 将 
 16 清水 浩紀
 39 北爪 潤平

 〜後半〜 5-0
 39 北爪 潤平
 17 藤澤 明彦(GK)
 17 藤澤 明彦(GK)
 16 清水 浩紀
 39 北爪 潤平

 ■第2試合 対戦結果
 en 2-3 KFC
※実得点2-0

 【スターティングメンバー】
 01 米沢 知 
 16 清水 浩紀
 17 藤澤 明彦(GK)
 18 伊藤 祐太
 39 北爪 潤平

 △途中出場△
 6 倉田 将 
 11 小林 祐太
 29 吉江 雄一郎

【得点者】
 〜前半〜 1-0
 16 清水 浩紀

 〜後半〜 1-0
 29 吉江 雄一郎



2017年度を締めくくるカップ戦。
昨年度はカップ戦を優勝してからチーム力も高まりホタルカップ優勝や今年度リーグ優勝と波に乗ってきました。
今年のカップ戦も優勝で!!・・・・と言いたいところだがメチャクチャなハンディキャップにより戦う前から不公平さが見えてくる。
リーグ総合順位マイナス1点スタート、ここまではハンディキャップらしいハンディキャップであろう。
もちろんenはリーグ優勝チームなので0点スタート。
次に与えられるハンディキャップが曲者である。
カップ戦優勝経験のないチームに1得点ごと総合順位が加算されてしまう。
リーグ最下位で終えたFCレンディルで例えると6点スタートに得点されると7点加算され13点。
このデタラメなハンディキャップに挑むenは、まさかのレンディルと対戦wもはやムリゲー
 試合開始早々から相手ゴールに襲い掛かり確実に1点づつ差を縮めていく。
5-6とし、あと一点のところで怠ったディフェンスから失点・・・・。点差8点・・・。なんだこれ。
後半もがんばり10得点あげるも相手のたった1得点で負けました。
ハンディキャップがあるとはいえ負けるのは悔しい。
 第2戦目も0-3スコアからのスタート。
ゲーム支配率80%ぐらいあったと言っても過言ではないほど攻め立てるも相手の得意な「半分から」のディフェンスの壁が大きく惜しくもあと1点が遠かった。
ここまでハンディキャップを付けられると趣旨もわからなくなって来てしまう程だ。
しかしまだまだ成長過程のen来年はハンディキャップも覆し勝利しよう
















 撮影 : 三澤喜予 登内みどり